×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP

ビタミンE

+ 脂溶性ビタミン
+ トコフェノール
カラダの酸化を止めて”老い”を防ぐ!

強い抗酸化作用をもつビタミンEは、”万病のもと”活性酸素を撃退する現代人必須のスーパービタミンです。

老化防止のためにも積極的に摂りましょう!

チェック!

 肩こりや腰痛がひどい

 激しい運動をする

 肌がカサカサする

 体臭が気になる

 更年期障害が重い
■ 作用

・過酸化脂質の生成を抑え、動脈硬化を予防
・老化防止
・毛細血管の血行を促進
・ホルモンの生成・分泌を促し、生殖機能を正常に保つ

■ 欠乏すると

・赤血球が壊れ、貧血が起こる
・動脈硬化になる
・肩こりや冷え性、しもやけになりやすい
・不妊症になる

■ 代表的な食品

アーモンド、ヘーゼルナッツ、落花生、小麦胚芽、かぼちゃ、ほうれん草、サラダ油、ひまわり油、あんこうの肝、真イワシ、すじこ、マヨネーズなど

■ 薬理効果

・ガン細胞の発生を抑制
・心臓病、脳梗塞の予防
・糖尿病を改善
・老人性認知症の進行を抑える
・白内障を改善

 ビタミンEの抗酸化作用

ガンや動脈硬化などの生活習慣病〜様々な病気の原因として注目されている「活性酸素」がありますが、

 ビタミンEは、ビタミンCと協力して
 細胞の酸化を防ぎます!


人間の体は60兆個もの細胞で作られていますが、この細胞の周りにある細胞膜は不飽和脂肪酸という脂質でできています。

この脂質が活性酸素で酸化されると過酸化脂質という物質に変化し、さらにこの過酸化脂質化された細胞は周りの細胞をも次々に酸化させていってしまいます。

ビタミンEは、細胞膜の中で活性酸素を待ちうけ、活性酸素が脂質を参加して過酸化脂質とする前に、先に活性酸素と結びつき、無害なものに変える働きがあります。

ビタミンEが不足すると体内の過酸化脂質が増加し血管が細くなります。その結果、血流が悪くなり動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞が引き起こされるもととなります。

 女性の悩みとビタミンE

ビタミンEは女性のビタミンともいわれています。

●不妊症
●老人性のシミ
●冷え性
●日焼け
●生理痛

ビタミンEは、脳の下垂体に働きかけて女性ホルモンの分泌を促します。

その結果、不妊治療や月経前症候群、生理痛など女性特有の悩みにも有効とされます。



Aのもうひとつの大きな役割は、上皮細胞を正常に保つことです。

上皮細胞とは、口や鼻から始まり、気管や肺、胃腸などを経て肛門までを結んでいる気管の粘膜やカラダの皮膚を構成している細胞の事。

ここは、カラダの外から取り入れた空気や食べ物と一緒に病原体とも直接触れる場所。

ビタミンAは、上皮細胞を新しく作りかえる手伝いをして、病原体が体内に入るのを防ぎます。

 ビタミンEが不足すると・・・

□ 肩こりや腰痛がひどい

肩こりや腰痛は、毛細血管の血液が滞るのが原因。
ビタミンEには、毛細血管を広げて血液の流れを良くする働きがあるので、
肩こりや腰痛の原因が取り除かれます。

□ 激しい運動をする

激しい運動をするうと、体内に活性酸素が大量に発生します。
すると、細胞を酸化から守ろうとしてビタミンEがどんどん消耗されます。
不足させないためには、運動前にビタミンEを補っておくのがおすすめです。

□ 肌がカサカサする

血行が悪くなると新陳代謝も悪くなり、角質化した皮膚が新しい皮膚となかなか入れ替わらなくなります。
ビタミンEは,表皮の入れ替えを活発にし、みずみずしい肌にしてくれます。

□ 体臭が気になる

古い油が臭いように、皮脂も酸化すると悪臭を放ち、体臭の原因になります。
また、毛穴の皮脂が酸化すると抜け毛や白髪の原因にもなります。
ビタミンEで皮脂の抗酸化をしましょう。

□ 更年期障害が重い

閉経後の女性に起こるカラダの不調は、女性ホルモン分泌の減少が原因です。
ビタミンEは、女性ホルモンの作用を助けるので、更年期障害の症状がやわらぎます。

・ビタミンEの上手な摂り方

ビタミンEは脂溶性ビタミンなので油に溶ける性質があります。
そのため、油を使った料理の後に摂ると体内に吸収されやすく、
また食後は胃腸の働きが活発ですのでより吸収が良くなります。

・天然ビタミンEと合成ビタミンEの見分け方

天然食材から抽出されたビタミンEは、「d-α-トコフェノール」「天然ビタミンE」、
もしくは、植物油抽出物 と明記されています。
一方合成のものは、「dl-α-トコフェノール」と表記されています。

天然のビタミンEの方が、1.4〜1.5倍、効果が高いといわれています。
(ただし、小麦や大豆などの原料にアレルギーのある人は要注意)

・ビタミンEの過剰摂取は?

ビタミンEは、脂溶性ビタミンのひとつですが、
たくさん摂っても体内に蓄積されることはなく安心です。



ビタミンE 400IU マルチミネラルビタミン
TOP