×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP

パントテン酸

+ 水溶性ビタミン
+ パントテン酸
栄養素の代謝を促し
女性の美に貢献!


パントテン酸誘導代であるパンテノールは、
紙や肌を美しく保つなど女性の味方です。
いろいろな食品に含まれているので
不足する心配もなく、また摂りすぎも心配ありません。

チェック!

 つねにストレス状態

 肌がボロボロ

 疲れやすい
■ 作用

・糖質、脂質、タンパク質の代謝に関係する補酵素の構成成分となる
・副腎皮質ホルモン、脂肪酸、コレステロールの精製に関与

■ 欠乏すると

・足にしびれやうずくような痛みが出る
・体重が減り、体力が落ちる
・皮膚炎、脱毛などが起こる

■ 代表的な食品

玄米、パン、牛レバー、豚レバー、焼き豚、鶏レバー、鶏ささみ
鶏むね肉、さけ、さんま、ししゃも、子持ちがれい、鶏卵、
マッシュルーム、干し椎茸

■ 薬理効果

パントテン酸誘導体であるパンテノールの塗布は、やけどの治療や日焼け止め防止のほか、逃避、頭髪を正常に保つ作用があるため、やけど治療用の軟膏やUV化粧品、シャンプーなどに利用されている。

 エネルギー代謝の働き手を構成

糖質や脂肪がエネルギーになる際の化学反応に必用な補酵素の構成要素となります。

そのため不足すると、エネルギー生産が滞り、
その結果、疲れやすくなったり新陳代謝が悪くなります。

ホルモンや脂肪酸など、からだの昨日を正常に保つのに欠かせない物質の生成力が低下してしまいます。

 肌や髪にも効果あり!

美しい肌や髪のためには、
正常な新陳代謝が不可欠です。

パントテン酸の不足は、糖質、脂質、タンパク質の代謝に関わっているので、その不足は新陳代謝が滞り美しい肌や髪の生成にも影響を及ぼすことになります。
□ つねにストレス状態

パントテン酸は、ストレスを緩和する副腎皮質ホルモンの生成を促進します。

パントテン酸が不足すると副腎皮質ホルモンの分泌量が減るのでストレスを解消されにくくなります。


□ 肌がボロボロ

コラーゲンの生成を促し、ハリのある肌を保つのに役立つのがビタミンCですが、パントテン酸は、ビタミンCの働きをサポートし、美しい肌を保つのに貢献しています。

□ 疲れやすい口内炎、肌荒れがひどい


糖質、脂肪、タンパク質のエネルギー代謝に関わっているパントテン酸ですので、その不足は体だを動かすエネルギーが生産されないことになります。
そのため体力が落ちてしまいます。

 ビタミンB群 ビタミンC

TOP